レーザー鼻尖縮小術 術後約6週
今日は大東亜戦争中である1944年にマリアナ沖海戦が行われた日です。

このマリアナ沖海戦は日米両軍の空母同士の航空決戦でした。この海戦に日本軍は大敗し、マリアナ諸島はアメリカ軍が占領することとなりました
日本側はこの戦いで「大鳳」「翔鶴」「飛鷹」など空母3隻、航空機約200機を失い、第一機動艦隊は海上航空戦力としての能力を著しく喪失しました。又、この後に絶対国防圏の要ともいうべきサイパン島を失ったことは日本の敗戦を決定的にしたとされています。


本日ご紹介の患者さんは
約3年前に脇山先生の執刀にて人中短縮術を、その数か月後に 私 伊藤の執刀にて鼻中隔延長術、鼻尖縮小術をお受けになられた患者さんです。

本日ご紹介の患者さんは鼻先と小鼻の丸みを改善したいとのことでカウンセリングの結果レーザーを用いた鼻尖縮小術をお受けになられました。


上段:術前です。
下段:術後約6週間再診時です。
d0092965_1244360.jpg

ご感想は「満足(5/5)」と順調な経過です。
[PR]
by shirayuribeauty | 2013-06-19 23:14 | 美容外科
<< 目の下のたるみとり  :切開法 鼻根縮小術(鼻根骨切り縮小術)... >>