アキュスカルプレーザーによる ワキガ治療
今日は1940年に勝鬨橋(かちどきばし)が完成した日になります。
勝鬨橋(かちどきばし)とは、東京都中央区にある隅田川に架かる橋であり1940年に「皇紀2600年」を記念して月島地区で開催予定であった国際博覧会へのアクセス路とする計画の一環として作られた橋でした。そのため格式ある形式、かつ日本の技術力を誇示できるような橋が求められ、アメリカ等から技術者を導入せず、全て日本人の手で設計施工が行われました。
日本ではめずらしい可動橋であり「東洋一の可動橋」と呼ばれるほどの評判を得た橋です。

現在はその凛々しい跳開の姿はみることはできません。

私はかつてこの橋の近くに住んでいたことがあり病院勤務後の夜中に自転車をかっ飛ばしてこの橋を渡り晴海埠頭まで行って夜景をみて気分転換をしていたことがなつかしく思い出されます。



本日ご紹介の患者さんはアキュスカルプレーザーによるワキガ治療をお受けになられた患者さんです。


アキュスカルプレ―ザーによるわきが治療の長所
・ダウンタイムがほとんどない
・針孔程度のキズ痕

短所
・再発の可能性

となります。


今回ご紹介の患者さんは既往として他院にて脂肪吸引を脇の下からお受けになられたことがあるためそのキズが脇の下に元々ありますが今回アキュスカルプレーザーのキズは全くのこりませんでした。


左:術前です。       右:アキュスカルプレーザーによるわきが治療術後2か月再診時です。(もともとある赤い点は他院にての脂肪吸引の痕になります)
d0092965_3242493.jpg

まったくキズ痕は生じず効果もバッチリということでご感想は「満足」と順調な経過です。


万が一再発された場合はご遠慮なさらず御再診にいらしてください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2013-06-14 23:21 | 美容外科
<< 後頭部絶壁治療 (後頭部 アパ... extended SMAS f... >>