OICR(open incision calf reduction: 切開式ふくらはぎ萎縮術)
今日は1945年に名古屋空襲で名古屋城が焼失してしまった日になります。

本日ご紹介の患者さんは他院にてボツリヌス毒素を用いたふくらはぎ萎縮術をおうけになられるも効果がなかったとのことでカウンセリングの結果 オープン法によるふくらはぎ萎縮術:OICR(open incision calf reduction: 切開式ふくらはぎ萎縮術)をお受けになられた患者さんです。


上段:術前です。
下段:術後約1週間抜糸時です。
d0092965_1443053.jpg
つま先立ちで筋肉の隆起は消えていますのでこれから筋肉が徐々に萎縮していってサイズダウンしていきます。 順調な経過です。

またの御再診をお待ちしております。




OICR(open incision calf reduction: 切開式ふくらはぎ萎縮術)のリスク
・膝裏を切開して神経を露出して神経を切断する手術になりますので膝裏に3cm程度の傷が生じます。




先日お心遣いをいただきました。
d0092965_1393524.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2013-05-14 23:31 | 美容外科
<< 他院アプトス糸留置術術後 糸除去術 スティック骨切術術後約1年半 ... >>