スティック骨切術、ロアーリフト、人中短縮術、上下口唇増大術、顎下アキュリフト
今日は1945年に米軍が東京に3月10日の無差別大量虐殺空爆に次ぐ空襲を行った日になります。470機が来襲し、それまで空襲を受けていない山の手が主な対象になりました。

この二回の東京大空襲で総計8~10万人の一般市民が虐殺されました。

この一連の民間人無差別大量虐殺の立案、指揮をしたのが第21爆撃集団司令官カーチス・エマーソン・ルメイいわゆる鬼畜ルメイとなります。
大東亜戦争終戦後ルメイは戦略爆撃に精通し、また日本の防空体制の弱点(夜間防衛)を把握していたため日本の航空自衛隊創設に関与。1964年その功績により、日本政府より1964年勲一等旭日大綬章を授与されています。

第21爆撃集団司令官の前任者ヘイウッド・ハンセルが軍事施設にポイントをなるべく絞って精密爆撃を行っていたのに対し後任のルメイは無差別大量虐殺日本焦土作戦を行ったのにもかかわらずルメイに勲一等旭日大綬章を授与した当時の日本政府の判断に首を傾げざるをおえません。
国辱的行為だと思います。



本日ご紹介の患者さんは
既往として形成外科にて顎先中抜き術、セットバック手術をお受けになられたことのある患者さんです。


より小さな顎にしたいとのことにて立体CTにで追加切除が可能か診断後、今回顎先からエラにかけてのスティック骨切術をお受けになられました。

しかしその後スティック骨切術後のたるみが気になり また人中を短縮させ口唇をふっくらさせたいとのことでとのことで今回 ロアーリフト、人中短縮術、上下口唇増大術(脂肪移植)、顎下アキュリフトをお受けになられました。



上段:術前です。
下段:スティック骨切術術後約10か月、 ロアーリフト、人中短縮術、上下口唇増大術、顎下アキュリフト術後1か月再診時です。
d0092965_155111.jpg

ご感想は「だいぶすっきりして満足しています。まだすっきりするのでしょうか?」とのことでした。

まだ術後1か月なのでこれからもっとすっきりしていきます。 美容外科手術の完成は術後約半年になります。


またの御再診をお待ちしております。





スティック骨切り手術のリスク
1.挿管全身麻酔で行うため麻酔事故のリスク (報告では数万件に1件ぐらいの確率で死亡事故になり得ます)

2.オトガイ神経麻痺のリスク   数か月~数年で改善しますが完全改善の保証はできません。

3.術中骨折のリスク   可能性としてはあり得ます。

4.術後の腫れによる気道閉塞の可能性  ・・・・ これが一番問題だと考えています。いままで一例もありませんが理論上は可能性があります。 入院してくださっていれば緊急気道確保を行えますが当院では現行の病床規制上入院ができません。 徐々に腫れが強くなり息苦しくなりご自宅やホテルから救急車の要請が必要になる可能性があります。(いままでそのような事例はありませんがくどいようですが理論上あり得ます)
これらのリスクを承知でもどうしても手術をお受けになられたい方は付き添いの方同伴で近くのホテルに2~3泊ほどお泊りしていただきたく思います。
[PR]
by shirayuribeauty | 2013-05-25 23:00 | 美容外科
<< アキュリフト(両頬、頬骨上) ... 人工乳腺豊胸術 (300cc ... >>