中顔面短縮術 : ルフォー (Le Fort) I 型骨切術 、下顎矢状分割術(SSM)
今日は1942年珊瑚海海戦にて日本海軍と連合国海軍の間で史上初の航空母艦同士の海戦が行われた日になります。
日本海軍の戦術的勝利に終わった海戦ですがこの海戦のおかげで海からのポートモレスビー(パプアニューギニア)攻略を断念してしまったのは残念でした。

そして今日は日本統治時代の台湾で農業、水利事業の発展に貢献した土木技術者、八田與一氏の命日ともなります。
太平洋戦争さなかの昭和17年(1942年)5月、八田氏は調査のため長崎からフィリピンにむかいましたが、その途中、乗っている船が五島列島付近でアメリカの潜水艦に撃沈され、與一自身も死亡しました。八田氏が死去し、日本が戦争に敗れた後の昭和20年9月1日、八田氏の妻外代樹も彼の後を追って烏山頭ダムの取水口に投身自殺されました。


本日ご紹介の患者さんは
中顔面を短縮したい、小顔になりたいとのご希望にてご相談にこられた患者さんです。

中顔面を短縮するにはLe Fort I 型骨切術にて上顎骨を中抜きすることが必要なので大学病院の口腔外科等設備の整ったところで手術をお受けになられることがご自身のためである旨をお話しいろいろな施設に相談にいくようにお勧めしましたがどこも引き受けてくれないとのことでご依頼をお引き受けすることとしました。

ルフォーⅠ型骨切術単独では下顎骨のauto rotationにより切端咬合になり口元がやや前方にでた顔になってしまうと判断しましたのでルフォー (Le Fort) I 型骨切術 、下顎矢状分割術(SSM:sagittal splitting method of mandibular ramus またはSSRO:sagittal splitting ramus osteotomy )を同時におこないました。

上段:術前です。
下段:術後約1か月再診時です。
d0092965_1462766.jpg

dental arch yaw は正中に、occlusal cantは左右瞳孔線に並行に、occlusal plane pitchはCamper 平面(鼻下点から耳珠点を結んだ線)に平行に設定しています。


上顎前歯の唇側傾斜(U1 to FH)が大きかったために同時に改善する目的にて前方部分は約2.5mm  後方は4mm上方にあげています。 上顎骨後方部分はsonopetという超音波骨切削機械をもちいて大口蓋動脈を温存しLefortⅠ型骨切術を遂行しました。

美容外科で行うルフォー (Le Fort) I 型骨切術として小鼻は広がらないように術中処置をおこなっています。
小顔になったと周囲にも言われ「満足」と順調な経過です。

もうすぐで矯正装具も外せて口元もすっきりするでしょう。
またの再診をお待ちしております。

追記:20130710

ルフォー (Le Fort) I 型骨切術 、下顎矢状分割術(SSM:sagittal splitting method of mandibular ramus またはSSRO:sagittal splitting ramus osteotomy )のリスク

1.全身麻酔の事故のリスク
2.術後の腫れによる気道閉塞 → 気管切開等必要になる可能性
3.プレートやネジがゆるんだりして再手術になる可能性  
4.咬合の安定化まで要する時間
5.下歯槽神経麻痺の可能性
6.小鼻が広がる可能性
[PR]
by shirayuribeauty | 2013-05-08 23:43 | 美容外科
<< ふくらはぎスリム形成術 (NI... 他院乳輪縮小術後 戻り および... >>