人中短縮術  小鼻縮小術   (脇山先生)
今日は1942年 に東京・名古屋・四日市・神戸・にB-25十六機が日本本土に初来襲したいわゆるドーリットル空襲の日になります。

国際法上禁止されている非戦闘員に対する攻撃もこの初回空襲よりあり、掃除を終え、帰ろうとした小学生1名が機銃掃射を受け、死亡しました。

このドーリットル空襲は山本五十六にとって衝撃的でありミッドウェー海戦への作戦を立てるに至ったといわれています。



本日ご紹介の患者さんは既往として他院にて鼻尖縮小術、小鼻縮小術をおうけになられたことがありますが今回ご希望にて人中短縮術、小鼻縮小術 脇山先生の執刀にてお受けになられた患者さんです。


上段:術前です。
下段:術後約1か月再診時です。
d0092965_244664.jpg

ご感想は「まあ満足(4/5)」と順調な経過です。

人中短縮術鼻下オープン法はキズのアフターケアが重要です。
またの御再診をお待ちしております。



人中短縮術は当院では以下の三通りがあります。
・鼻下オープン法   ・・・・・・  鼻下にキズができます。
・上口唇上オープン法・・・・・・  上口唇上にキズができます。
・鼻下クローズ法   ・・・・・・  鼻下の皮膚を切らない方法ですが余った皮膚が数か月皴となって残ることがあります。
[PR]
by shirayuribeauty | 2013-04-18 23:41 | 美容外科
<< 人工乳腺豊胸術 (コヒーシブシ... 他院鼻先軟骨移植後修正術:  ... >>