他院小鼻縮小術後醜状痕修正
本日ご紹介の患者さんは某形成外科クリニックにて小鼻縮小術をおけになられた既往のある患者さんです。

小鼻の外側の傷痕の醜状痕に対し当院にて治療を行いました。
フラクショナルレーザーにてある程度の改善を認めましたがより根本的治療をするため今回美容外科的醜状痕修正術を行いました。



●左小鼻脇
左:治療前です。                  右:治療後1か月再診時です。
d0092965_1485951.jpg



●右小鼻脇
左:治療前です。               右:治療後1か月再診時です。
d0092965_1491056.jpg



●全体像
上段:治療前
下段:第一回醜状痕治療後1か月再診時です。
d0092965_1543262.jpg

順調な経過です。

1回、2回と回数を重ねていくうちにより目立たなくなっていくでしょう。
またの御再診をお待ちしております。」




当院の傷痕治療方法は美容外科的複合的治療方法(美容外科的縫合、レーザー治療、培養液使用、ホルモン因子使用、コロイド製剤使用等)になります。

よく患者さんからレーザーの種類はなんですか?等聞かれますがレーザーの種類はCO2フラクショナルレーザーですがレーザーだけの効果ではありませんのでご質問されてもあまり意味がないと思います。

総合的方法により最善の結果をだすべく治療方法を取捨選択しています。




先日お心遣いをいただきました。
d0092965_23314850.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2013-05-01 23:43 | 美容外科
<< 頬骨再構築 術後四年   、下... 口角つりあげ術 術後半年 >>