他院人中短縮術術後鼻変形に対する修正術
本日御紹介の患者さんは(2010-12-09 23:46記事)既往として他院にて人中短縮術をお受けになられたことがあります。

今回、その他院にての人中短縮術術後より鼻孔底の高さの左右差が生じ、鼻の穴の形も変形した、ケロイド状の傷跡が気になるとのことで修正手術を御希望され御相談にこられました。


前医での修正手術を強くお勧めしましたが私の執刀による修正手術を強く御希望されたため御依頼をお引き受けしました。
人中短縮術による鼻下のキズは後日レーザー治療もしくは必要であれば修正手術を行うこととしまずは鼻孔底の左右差と鼻孔の形態修正を行うこととしました。


上段:術前です。
下段:修正術約2年半再診時です。
d0092965_1202242.jpg

鼻孔底の左右差は改善し順調な経過です。

またの御再診をお待ちしております。



先日お心遣いをいただきました。
d0092965_1251939.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2013-03-29 23:18 | 美容外科
<< extended SMAS f... 頬骨再構築法 >>