鼻尖部軟骨移植、鼻孔縁下降術、鼻プロテーゼ留置術
本日ご紹介の患者さんは「正面からみて鼻の穴を見えないようにしたい、鼻の根元をすこし高くしたい」 とのご希望にてカウンセリングの結果 鼻尖部軟骨移植、鼻孔縁下降術、鼻プロテーゼ留置術 をお受けになられることになりました。


上段:術前です。
下段:術後約4か月再診時です。
d0092965_3272955.jpg

ご感想は「笑うとひきつれる感じがあります」とのことで「満足(4/5)」とのことでした。

鼻のプロテーゼを留置したり、鼻の穴を隠すべく組織を延長したりすると術後数か月程度ひきつれ感が生じることがありますが半年程度で落ち着くことがほとんどです。

またの再診をお待ちしております。




先日お心遣いをいただきました。
d0092965_331152.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。


P.S.  最近 よくカウンセリングで「自分のうけたい手術がブログ記事が多くて探し出せない」とご相談をうけますが画面右下にある検索欄に受けたい手術に関するキーワードをいれて検索して参考にしていただければ幸いです。
[PR]
by shirayuribeauty | 2013-03-25 03:32 | 美容外科
<< 人中短縮術術後5か月(脇山執刀... LeFortⅠ型骨切術に対する... >>