鼻翼基部プロテーゼ(ほうれい線プロテーゼ)による上顎後退の改善 、鼻孔縁拳上術  術後約2年
本日ご紹介の患者さんは鼻翼基部プロテーゼ(ほうれい線プロテーゼ) 、鼻孔縁拳上術  術後約2年になる患者さんです。


上段:術前です。
下段:術後約2年再診時です。
d0092965_2103586.jpg

術前、術後の写真をよく見比べてみると「鼻孔縁が拳上されていること」 「引っ込んだ上顎が適切量前方にでたこと」がお分かりかと思います。

ご感想は「満足(5/5)」と順調な経過です。


またの御来院をお待ちしております。



先日お心遣いをいただきました。
d0092965_3241671.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2013-03-20 23:08 | 美容外科
<< 他院脂肪移植豊胸術を受けた経験... 立耳修正術(クローズ法) 脇山先生 >>