眉骨削り、 額アパタイト形成術
今日は旧暦でいえば(1854年)嘉永7年1月16日 アメリカのペリーが7隻の軍艦を率い、開国を求めて東京湾に再来した日です。

On January 16th 1854 on the lunar calendar, Matthew Perry was delegated from the United States government, and sailed with 7 ships headed to Tokyo Bay in Japan. His objective was to let Japan open the door and start diplomatic and trade relations with the United States.


これをきっかけとして日本は必死の自立自存に向けた格闘の日々が始まることになりました。

This event triggered Japan's extended struggle for self-governance and self-existence and also for overcoming their hostile position amongst the western civilization.

アメリカの砲艦外交によって開国させられた日本は約90年後にアメリカの武力により国土を焦土とされ降伏文書に調印させられました。

Roughly 90 years later. after the Perry Expedition which forced Japan to open to the West with "gunboat diplomacy" of the United States, they burned Japan to ground (scorched Japan out) and obliged Japan to sign the capitulation for World War II by the force of arms. That is to say (in sum), Japan succumbed to U.S.A twice.


1945 年9月2日、東京湾の戦艦ミズーリ艦上で日本の降伏文書調印式が行われた際 、ミズーリの甲板は二枚の星条旗で飾られました。一枚は真珠湾攻撃時にホワイ トハウスに飾られていた物、もう一枚は1853年の黒船来航時にマシュー・ペリー の艦隊が掲げていた物であり、90年越しの勝利としてその旗の前で調印式が行われ日本に屈辱を与えました。

On September 2nd 1945, the signing ceremony for the formal "Instrument of Surrender" of Japanese forces was held upon the battleship USS Missouri in Tokyo Bay.
The United States and allied nations displayed 2 Stars and Stripes flags aboard the USS Missouri.
One was the flag hoisted at the White House when the Pearl Harbor was attacked.
The other was what was used by the black ships of Commodore Perry when he arrived to Japan in 1853.

Over the period of about 90 years since Matthew Perry's expedition, the United States finally triumphed against Japan and made Japan yield to them.
The 2 Stars and Stripes flags were historically symbolic for America, but were ironic and humiliating for Japan.

まさに耐えがたきを耐え、忍び難きを忍び今日の日本の繁栄があることを忘れてはならないと思います。

Japan shall not forget they have achieved their current day success "by enduring the unendurable and suffering what is unsufferable (hard to swallow)" during and after the Greater East Asia War.


本日ご紹介の患者さんは「額上を日本人女性的になだらかでほりの浅い丸みにしてほいいです。」とのご希望にて眉骨削り、 額アパタイト形成術をお受けになられた患者さんです。 
まだ抜糸すら済んでいない状態なのに術後5日目以降は術後2か月以上再診にいらっしゃらず心配しており当ブログでも再診の呼びかけをしておりました。


術後約3か月経てひょっこり再診にいらっしゃいました。

上段:術前です。
下段:術後約3か月再診時です。
d0092965_23513839.jpg

削った眉骨部分も順調に引っ込みご感想は「満足(5/5)」と順調な経過です。


今度は歯槽骨部の手術をご希望されているとのことでしたが歯槽骨部は特にアフターケアが重要です。
必ず再診にきちんときてくださるというお約束でないと手術のご依頼をお引き受けできませんので熟慮をよろしくお願い申し上げます。


先日お心遣いをいただきました。
d0092965_2358987.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2013-01-16 23:47 | 美容外科
<< 極細レーザーファイバー(144... 上下口唇縮小形成術 : 脇山先生 >>