ロアーリフト および NIMR(非切開式咬筋萎縮術)
本日ご紹介の患者さんはロアーリフトおよびNIMR(非切開式咬筋萎縮術)をお受けになられた患者さんです。


上段:術前です。
下段:術後約5か月再診時です。
d0092965_20352495.jpg


側面
上段:術前です。
下段:術後5か月再診時です。
d0092965_2050374.jpg

ご感想は「フェイスラインが思ったように上がっていないと思う」ということで「やや不満(2/5)」とのことでした。


約1週間後の再診から5か月ぶりの再診でした。

フェイスリフトはキズ等のアフターケアが重要です。定期的に検診にきてくだされば幸いです。
またの御来院をお待ちしております。



ロアーリフトのリスク
・キズが気になる可能性
・皮膚をたくさん引き上げた場合、もみあげが後退もしくはなくなる可能性
・耳下腺上のSMASを剥離し引き上げた場合皮下に唾液貯留が一時的に生じる可能性
・創部の感染
・耳珠部分の突出の矮小化の可能性(通常は半年で周囲組織の軟化とともに改善)
・血腫 
・おもったより引きあがっていないとご不満を抱く可能性 等



NIMRのリスク
・咬筋神経を完全に切断する方法ではなくラジオ波で咬筋神経を処理する方法なので再発する可能性があります。
・再手術をご希望されるぐらい再肥大する可能性は10%程度あります。
[PR]
by shirayuribeauty | 2012-12-08 20:32 | 美容外科
<< 立耳修正術   術後2年10か月 人中短縮術:術後4か月,術後3... >>