顎プロテーゼ留置術 : 脇山先生
本日ご紹介の患者さんは「横からみて顎のラインがまっすぐになるような形が希望です。正面からみて顎の長さが元の長さより長くならないといいです。先がとがった顎より適度な丸みのあるふつうの顎先がいいです。」とご希望され脇山先生の執刀にて顎プロテーゼ留置術をお受けになられました。



上段:術前です。
下段:術後約3か月再診時です。
d0092965_118521.jpg

ご感想は「満足(5/5)」と順調な経過です。


またの御再診をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2012-04-04 23:14 | 美容外科
<< 鼻尖縮小術(クローズ法)、 鼻... 下顎セットバック(Kὅle法) >>