OICR(open incision calf reduction: 切開式ふくらはぎ萎縮術) ,ふくらはぎ脂肪吸引
本日ご紹介の患者さんはNICRをおうけになられ効果がご不満ということで再手術を勧めるも膝裏にキズが残っても確実な効果が欲しいということでOICR(open incision calf reduction: 切開式ふくらはぎ萎縮術) ,ふくらはぎ脂肪吸引を同時にお受けになられた患者さんです。


左:術前です。     右:術後3週間再診時です。
d0092965_0102141.jpg

「外側の筋肉も細くしたいのでボトックスを注射したいです。」とのことですがまだ術後3週間なので腫れが残存しています。
脂肪吸引の完成は術後半年は要するので結果にお急ぎでなければまだ経過観察していただければ幸いと思います。

またの御再診をお待ちしております。


OICR(open incision calf reduction: 切開式ふくらはぎ萎縮術)のリスク
・膝裏を切開して神経を露出して神経を切断する手術になりますので膝裏に3cm程度の傷が生じます。
[PR]
by shirayuribeauty | 2012-11-29 23:05 | 美容外科
<< 鼻孔縁下降術、鼻尖部軟骨移植術 下腹部脂肪吸引、恥骨部脂肪吸引... >>