右目埋没二重形成術 、 目頭切開形成術  (御持病により感染が疑われるケース)  脇山先生 
本日ご紹介の患者さんは左右の二重のラインの違いと整えたい、目頭に蒙古襞がかぶっているので改善したいとのご希望にて右目埋没二重形成術、両目目頭切開形成術を脇山先生の執刀にてお受けになられた患者さんです。

ある持病(病名は個人情報保護のため以下伏せさせていただきます)がおありのため感染がしやすい状態であるため手術をお受けになられないことをお勧めしましたがご希望が強いこととその御病気のコントロール状態を表す数値が正常値に近かったため手術のご依頼をお引き受けすることとしました。


上段:術前です。
二段目:術後5日目再診時です。
三段目:術後11日目再診時です。
四段目:術後6カ月再診時です。
d0092965_16484736.jpg


術後5日目再診時の段階(上段二段目)で「今朝から腫れてきた」とのことで感染を疑いブロードバンドの抗生剤を集中投与開始しましたが術後11日目には上段から三段目のようにひどい感染症状を呈する状態になりました。

私も脇山医師も万を超える症例を経験してきてまず目頭は感染に強く、この手術でこのような感染症を起こした例は記憶にないことに加え、脇山医師は私も周囲の看護師もある意味 瞠目するほどの潔癖好きで慎重、丁寧な手術をする医師であるので操作が不潔であったことも信じ難い状況でした。

かといって御持病の状態も数値的にはコントロール良好でこれがこのようなひどい感染症状を引き起こす原因となるのも腑に落ちませんでした。

体の他の部位の手術を同時にされましたがそこの部位が特異な所見があったこと等も考慮しなにか我々の認知していない好中球機能異常等の病態が患者さん自身に存在することを強く疑い大学病院の血液内科で精査してもらうようにお勧めしました。

その結果、私が浅学なせいか「〇〇〇〇〇〇〇〇」という聞いたことがなかった病気がみつかりました。
知人の血液内科専門医にその病気について知っているか確認したところ知りませんでしたので、診断された先生の診断能力の高さに敬服しました。

御持病とその新たに発見された御病気の複合作用によるものかどうかはわかりませんがとにかく感染がひどいので目頭に醜状痕が残ってしまうのを多少でも食い止めるべく必死の集学的治療をさせていただきました。

治療の結果か もともとの患者さんの体質のおかげかわかりませんが6カ月後検診時にはキズ痕がほとんどわからない状態まで改善しました。


ここまで改善されたので我々もほっとしたのですが問題は終わらず患者さんは「左右のバランスが悪いから治してほしい。」「半年経たら再診料かかるなんておかしい。」「(再手術をするのに)再診料や血液検査代等お金がかかる意味がわからない。成功していれば本来はかからなかったお金なのにそちらのせいで目をぐちゃぐちゃにされたのにまだお金をとる意味がわからない。」とお揉めになられました。


私 伊藤としては感染は不幸な事態ではありますがすべてが医師の責任かといわれますとそれは違うと思いますしご希望に完全に添えなかったのも申し訳ないとは思いますが希望に添えない=すべてを無料再手術をする というわけにもいかないのが現実です。(以前は結果にご不満でしたら無料再手術をおこなっていましたがpolysurgeryという病態といえる患者さんと出会い患者さんを無間地獄に陥らせないためにも無料再手術は行わないようにしています)


また二種類の御病気の罹患状態を考えると再手術をしてまた同様の悲惨な感染状態に陥る可能性が十分考えられるため手術はできないという返答をさんざんさせていただきましたがそれでもよい、再診料等の費用は納得いかないが払うということで再手術を後日行うこととなりました。


この結論にいたるまで院内でも問題になり伊藤はこれ以上もめるのは電話連絡等の業務を行うスタッフ等に負担がかかるので裁判やADRの第三者に仲介してもらい患者さんにご理解、ご納得していただくのがよいのではないかと院内討議で主張しましたが脇山医師は費用をかかることはご理解いただけるよう自ら粘り強く説得するのとのことでしたので主治医である脇山医師の判断を尊重することとしました。




何度も私は強調しますが美容外科手術は魔法ではなく我々医師達も魔法使いでない以上 理想通りの結果に近づける努力はしますがその結果のお約束はできませんし、感染症等の合併症も完全に防ぐことはできません。
感染症の原因が明らかに医師側に有責であればその責めは当然うけますが医師としても責めをうけても納得できない(患者さんの心情は理解できますが)事象も現実には多くあります。

手術をお受けになる前はよく手術におけるリスク等を熟慮されてから手術をうけるか否かをご判断していただければ幸いです。
[PR]
by shirayuribeauty | 2012-09-26 16:39 | 美容外科
<< 小鼻縮小 : 博士先生 足首脂肪吸引 >>