目頭切開術  : 脇山先生
1942年 の3月9日はインドネシアのオランダ軍が日本に降伏した日になります。 17世紀のオランダ東インド会社の覇権から始まるオランダによるインドネシアの支配はこの日をもって瓦解しました。
日本はインドネシア独立の指導者であるインドネシア人を獄中から救出し祖国防衛義勇軍(ペタ)を編成させ独立戦士を養成させ、高度の軍事教育を施しました。1945年、日本が降伏すると独立派は独立宣言(なおこの独立宣言の日付には西暦ではなく、日本の皇紀が採用されています。)を行い、独立宣言を黙殺し再植民地化を狙いインドネシアに戻ってきたオランダ軍とインドネシア独立戦争を戦いました。 この戦いを題材にした映画がムルデカ(インドネシア語で「独立」という意)(東宝映画)になります。



本日ご紹介の患者さんは目がしら切開術を 脇山先生の執刀にてお受けになられた患者さんです。



上段:術前です。
下段:術後約2か月再診時です。
d0092965_36438.jpg

キズもわからず順調な経過です。

といいたいところですがその後2年近く再診にいらしておりません。

便りがないのは良い便りといいますが定期的な検診は重要です。
またの御再診をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2011-03-09 23:05 | 美容外科
<< 埋没法による二重形成術 ミラクルリフト術後3か月 >>