右耳立耳修正術 (クローズ法)術後 4年3か月
今日は11月4日ですが明日11月5日は1952年に広島に訪れたラダ・ビノート・パール博士(極東国際軍事裁判において判事を務め、同裁判の11人の判事の中で唯一、被告人全員の無罪を主張した「意見書」(通称「パール判決書」)の作成者)が原爆慰霊碑の「安らかに眠ってください。過ちは繰り返しませぬから」という碑文に憤慨し(原爆投下という過ちを犯したのは米国であるのに日本人が日本人に向かい「過ちを繰り返しませぬ」と謝っているため)、広島県本照寺に建立された「大亜細亜悲願之碑」に碑文を書かれ署名した日になります。


激動し 変転する歴史の流れの中に
道一筋につらなる幾多の人達が
万斛(ばんこく)の想いを抱いて死んでいった
しかし
大地に深く打ちこまれた
悲願は消えない


抑圧されたアジアの解放のため
その厳粛なる誓いにいのち捧げた魂の上に幸あれ

ああ真理よ
あなたはわが心の中にある
その啓示に従ってわれは進む


For the peace of those departed souls who took upon themselves the solemen vow at the salavation ceremony of oppressed Asia, "OH! Lord, thou being in my heart, I do as appointed by you
前半 筧住職  後半青文字 パール(Radhabinod Pal)博士 碑文作成


また2010年11月4日は「sengoku38」を名乗るyou tube利用者が、沖縄県・尖閣諸島周辺で起きた中国漁船衝突事件の状況を撮影したビデオ映像と思われるものをyou tubeにアップロードした日になります。
この尖閣諸島沖 海上保安庁と中国漁船の衝突映像は時の政権である民主党政府が一般国民に非公開と決めた映像になります。




本日ご紹介の患者さんは右耳立耳修正術(クローズ法)をお受けになられた患者さんです。

上段:術前です。
下段:術後4年3か月再診時です。
d0092965_2115239.jpg

4年3か月経ても特に戻り等なく順調な経過です。


患者さんの話では医師によっては「クローズ法だといずれ戻る」などという医師がいるようですが私の行っているクローズ法立耳形成術の術法、原理等全くわかってない医師としかいいようがありません。

当院で行っているクローズ法立耳形成術はオープン法で行っている立耳形成術と術後成績は全くといっていいほど変わりません。





先日匿名にて本を送ってきてくださった方がいらっしゃいました。
d0092965_2174540.jpg


もし当院の患者さんでありましたらご遠慮なさらず再診時に意図を伝えてくだされば幸いです。


文学に耽溺していた少年時代は過ぎさり今や事実は小説より奇なりの現実を忙殺されながら生きていく日々になってしました。
いつか読まさせていただければと思います。
[PR]
by shirayuribeauty | 2012-11-04 00:07 | 美容外科
<< 立耳修正 クローズ法  (脇山... 目の下 脂肪移植  その微調整... >>