下顎骨スティック骨切術、外板切除術、頬骨骨削り術
今日は1945年 にGHQが事後法に基づいた戦犯容疑者39人の逮捕を指令した日になります。
ニュルンベルク裁判ならびに極東国際軍事裁判(東京裁判)で、1.平和に対する罪 2.戦争犯罪 3.人道に反する罪 という戦争犯罪が定義されましたがこれらは明らかに事後法であり米軍のベトナム戦争もイラク侵攻もこれらに抵触すると考えますが米国は裁かれません。

すなわち勝者国の都合による私刑であり国内法では犯罪者にならない方々を連合国側の価値観で日本人がやれA級戦犯だのB級だのといまだに糾弾しているのは情けなく思います。

日本は平和を希求する国とし人類の平和への英知としての国際司法裁判所がより機能するように国際的に働きかけていくことが望まれると思います。
ちなみに日本政府は竹島問題に関して1954年と1962年に2度、オランダ・ハーグの国際司法裁判所への提訴を韓国に提案したが韓国は応じていません。

日本政府は敗訴の場合「結果に従う」(小坂 善太郎元外相答弁)としています。

竹島の件に関しては大人の態度の日本の主権が韓国の実力行使といういわば狼藉によって踏みにじられないよう願っています。


本日ご紹介の患者さんは約3年前に下顎骨スティック骨切術、外板切除術、頬骨骨削り術をお受けになられた患者さんです。


左:術前です。       右:下顎骨スティック骨切術、外板切除術、頬骨骨削り術術後約3年です。
d0092965_18463718.jpg

希望の輪郭形態になられ順調な経過です。
またの御来院をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2012-09-11 18:42 | 美容外科
<< 頬骨アーチリダクション + 頬... 人中短縮術術後約1年9か月  ... >>