下顎骨スティック骨切術 術後約1週間
本日8月11日は1944年にグァム守備隊が玉砕した日になります。



本日ご紹介の患者さんは他院顎骨骨切術を受けた際にできた段差をなくして下顎骨をシャープにしたいとのご希望にて下顎骨スティック骨切術をお受けになられた患者さんです。


上段:術前です。
下段:術後約1週間再診時です。
d0092965_2328810.jpg

まだ術後1週間なのでかなり腫れています。輪郭手術の最終完成は術後半年になります。

「まだ腫れているものの、あごがシャープになっているのがわかりとても嬉しいです。」とのことでした。

ご感想は「満足(5/5)」でしたので  順調な経過です。 といいたいところですがその後3か月以上再診にいらしておりません。

便りがないのは良い便りといいますが定期的な検診は重要です。またの御再診をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2012-08-11 23:24 | 美容外科
<< 乳頭縮小形成術 (ITO法) 頭蓋形態形成術 >>