非切開式 上腕二頭筋 萎縮術 (二の腕を細く)
今日は1894年 に日清戦争にて日清両国が相互に宣戦布告した日になります。

また 1945年 米軍が長岡市に焼夷弾15万個を投下する無差別爆撃を行った結果、焼失家屋は12,000戸に及び死者は約1500人にのぼりました。





本日ご紹介の患者さんは二の腕の力こぶの部分の筋肉(上腕二頭筋)を細くしてほしいとのご相談にてご来院されました。


以前スポーツをされていたせいか上腕二頭筋が太くて気になるとのことでした。
診察上 私にとっては健康美であり特に異常に太いわけではないので処理しなくてよいでしょうとアドバイスさせていただきましたが細くする施術を強くご希望され今回高周波神経処理器を用いた非切開式 上腕二頭筋 萎縮術 (二の腕を細く)をお受けになられました。


上段:術前です。
下段:術後約5週再診時です。
d0092965_12205282.jpg

上腕二頭筋を支配する筋皮神経を処理しています。
「かなり満足しています」とのご感想で順調な経過です。


またの再診をお待ちしております。



四肢の筋肉の非切開式萎縮術のリスク

・代替筋(代わりに同様の働きをする筋肉)がない個所の筋肉を処理すると機能障害が生じます。
・神経の再生による戻り → 再手術の可能性はNICR(非切開式ふくらはぎ萎縮術)の経験より約10%は生じ得る可能性が見込まれます。
・神経を処理して筋肉を萎縮させる方法なので当該部位の筋力低下、運動能力低下が生じます。




先日お心遣いをいただきました。
d0092965_1229381.jpg

ありがとうございます。 どうかお気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2012-08-01 12:03 | 美容外科
<< 他院エラ削り術後修正術(ミニリ... 肛門美的形成術・Oライン脱毛照... >>