人中短縮術(執刀医:脇山)  鼻中隔延長術、鼻尖縮小術(執刀医:伊藤)、 鼻中隔延長後合併症修正
本日ご紹介の患者さんは約3年前に脇山先生の執刀にて人中短縮術を、その数か月後に 私 伊藤の執刀にて鼻中隔延長術、鼻尖縮小術をお受けになられた患者さんです。

術後約3年目にて鼻先の尖り、鼻先が白く透けてきたが気になるとのことで「元の鼻に戻すのは嫌ですが軟骨を取りたいです」とのご希望にて軟骨部分切除、自己軟部組織移植の修正術をお受けになられました。


上段:術前です。
中段:人中短縮術(脇山執刀)術後3年4か月、鼻中隔延長、鼻尖縮小術(伊藤執刀)術後2年10か月
下段: 鼻先修正術(軟骨部分切除、自己軟部組織移植)術後約3週間です。
d0092965_2485580.jpg

正面から鼻孔をやや見えにくくするために軽く鼻孔縁下降もおこなっています。
軟骨の尖りや透けは改善し順調な経過ですと言いたいところでしたが笑ったときに鼻尖と小鼻の間に線が入るが気になるとのことですがまだ術後日が浅いので経過観察していただきたいと思います。

またの御再診をお待ちしております。




先日脇山先生がお心遣いをいただきました。
d0092965_253585.jpg

ありがとうございます。 どうかお気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2012-07-19 02:43 | 美容外科
<< 額脂肪移植  術後2年3か月 小鼻縮小術後約1年8か月、鼻プ... >>