二重埋没形成術   (脇山先生執刀)
わ今日は1904年 に仁川沖と旅順港のロシア艦隊を日本軍が攻撃し日露戦争が勃発した日になります。
On February 8th 1904, the Russo-Japanese War began with attacks of the Russian Far East Fleet at Port Arthur and shores near Incheon in Korea by the Imperial Japanese Navy


本日ご紹介の患者さんは二重を埋没法にて形成した患者さんです。


上段:術前です。
下段:術後約2週間再診時です。
d0092965_2028797.jpg

順調な経過です。

その後再診に3か月以上いらしておりません。
便りがないのは良い便りといいますが定期的な検診は重要です。またの再診をお待ちしております。



先日脇山先生がお心遣いをいただきました。
d0092965_20323279.jpg

ありがとうございます。どうかお気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2012-02-08 20:26 | 美容外科
<< エラ骨骨切術、  頬骨再構築法 陰核増大術、 陰核癒着剥離術、... >>