頬骨再構築法、 わし鼻修正術
今日は1954年 に黒澤明監督の映画『七人の侍』が公開された日になります。日本を代表する映画の一つといわれています。私は米国留学の時までそれを見ておらず留学先で友人になったウクライナ人医師に「お前は日本人なのにあのクロサワの『七人の侍』と観ていないのか!」と呆れられました。

後日、『七人の侍』をみてジョージ・ルーカスやスティーヴン・スピルバーグなどの映画監督にいかに黒澤氏の作品が影響を与えたかを知りました。無教養な自分を恥ずるばかりです。



本日ご紹介の患者さんは頬骨に関しては「前髪をあげても小顔に見えたい。 つるんとした輪郭になりたい。」とのご希望にて頬骨再構築法を、 わし鼻に関しては「ブログの2010年11月24日に紹介されていた方術前ぐらいのなだらかさなりたい」、「ほんのちょっとカドがとれるぐらいでお願いします」とのご希望にてわし鼻修正術をお受けになられた患者さんです。

上段:術前です。
下段:頬骨再構築法、わし鼻修正術 術後約半年後再診時です。
d0092965_1514590.jpg

わし鼻は「もう、本当少しだけのけずりを希望します」とのご希望だったので少しだけの削りの施術にとどめています。
順調な経過です。 

といいたいところですが最後の診察から10か月後の本日「わし鼻をヤスリで削ってもらいその際鼻筋が曲がってしまったのですが治したいです。頬骨は現状大丈夫です。」という相談メールを受け取りました。

施術の際もご希望どおり微細な削りしか行っておりませんし写真を見る限り曲がっているとは思わないのですが写真に写らない微細な部分が気になられているのかもしれません。 ご遠慮なさらず再診にいらしていただければ幸いです。


先日お心遣いをいただきました。
d0092965_223517.jpg

ありがとうございます。 どうかお気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2012-04-26 23:43 | 美容外科
<< 他院眼瞼下垂修正術術後 元に戻... 口角拳上 術後約1年 >>