乳房縮小術(伊藤、脇山にて執刀)
今日は1944年にいわゆる海軍乙事件(かいぐんおつじけん)にて連合艦隊司令長官 古賀峯一海軍大将が搭乗機の墜落により殉職された日になります。



本日ご紹介の患者さんは性同一性障害の方ではないですが乳房を可能な限り小さくしたいとの強いご希望にて乳房縮小術(切断法)(伊藤、脇山にて執刀)をお受けになられた患者さんです。

上段:術前です。
下段:術後約2週間再診時です。
d0092965_22432458.jpg

ご感想は「満足(5/5)」と順調な経過です。 またのご再診をお待ちしております。



乳房縮小術(切断法)のリスク
・硬膜外麻酔に伴うリスク
・挿管全身麻酔に伴うリスク (全身麻酔は統計上約10万件に1件の死亡事故が起こり得ます)
・キズ痕
・感染
・乳輪、乳頭の壊死
・授乳機能の喪失





先日脇山先生がお心遣いをいただきました。
d0092965_22491842.jpg

ありがとうございます。 どうかお気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2012-03-31 22:40 | 美容外科
<< 脂肪移植豊胸 一年に2回  最... ミニリフト (脇山先生) >>