頭蓋形態修正術:  アパタイト絶壁修正
本日は沼津大空襲の日になります。 1945年に米軍B29の130機の編隊が海軍工廠や多くの中小軍事工場のある沼津市街上空に侵入し9077発、1039トンの焼夷弾を投下し沼津市の90%が破壊されました。



本日ご紹介の患者さんは頭部の右後方部の平らな領域がきになるとのことで頭蓋形態修正術:  アパタイト絶壁修正をご希望されました。

頭の形は髪の毛でカムフラージュされそれほど気にする必要はないのではないかとアドバイスをさせていただきましたが気になるとのことで施術のご依頼をされました。


左:術前です。                    右:術後約5か月再診時です。
d0092965_1815107.jpg

「あまり変化がわからない」とのご感想でした。
もしご希望があればアパタイトを追加しますのでまたの機会にご相談くだされば幸いです。
[PR]
by shirayuribeauty | 2011-07-17 18:10 | 美容外科
<< 性同一性障害の患者さん  他院... 上下口唇縮小術、ガミースマイル修正術 >>