他院ふくらはぎ吸引後凹凸修正術
今日9月4日は1951年に9月4日から9月8日までサンフランシスコ市の中心街にあるオペラハウス(現在:War Memorial Opera House)において、全52カ国の代表が参加して連合国と日本との戦争状態を終結させるために講和会議が開催された初日になります。このサンフランシスコ平和条約にはソ連・ポーランド・チェコスロバキアの共産圏3国は講和会議に参加したものの、中国の不参加を理由に会議の無効を訴え、署名をしませんでした。



本日ご紹介の患者さんは他院にてふくらはぎ脂肪吸引をお受けになられた後、凹凸に悩みふくらはぎを再度脂肪吸引により細くすると同時に凹凸の修正術をお受けになられた患者さんです。


左:術前です。             右:術後約8か月再診時です。
d0092965_3284671.jpg

ご感想は「ボコボコは完全ではないですが以前と比べともスムーズなラインになりました。もう少し足首からふくらはぎにかけてまっすぐスッと細くしたいです。」とのことで「まあ満足(4/5)」と順調な経過です。

炎症性の色素沈着がまだありますがこれは術後半年~1年かけて徐々に改善していきます。 もう少し経過をみていきましょう。

またの再診をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2011-09-04 00:26 | 美容外科 | Comments(0)
<< 鼻尖縮小術(糸留法)、小鼻縮小... 眉下切開による目元の若返り  ... >>