顎プロテーゼ抜去術、顎先骨切り術、顎先中抜き骨片前方移動固定術(吸収性スクリュー使用) 術後1年
今日は1912年 タイタニック号が沈没した日であり1983年に東京ディズニーランドが開園した日でもあります。 紅顔無垢な少年であった!?私は開園した年に友人達と訪れた記憶があります。 万人受けするであろうそのエンターメント性に舌を巻きました。日本の誇るアニメもディズニーに負けず人々に夢を与えて世界を席巻してほしく思います。


本日ご紹介の患者さんは既往として他院にて顎プロテーゼ留置術をお受けになられ、ご希望として「アゴのシリコンを抜きたい。長いアゴ先を短くして尖らせたい。溶けるボルトを使って固定してほしい」とのことでした。

治療計画として他院顎プロテーゼ抜去術、顎先骨切り術、顎先中抜き骨片前方移動固定術(吸収性スクリュー使用)としました

中抜きは約6mm抜きました。
前回再診時の御感想は「顎先が鋭角すぎる。 口が力をいれないと閉じない。鼻の下がすごく長くなった。口を開けると下の歯だけ見える。アゴが逆に長くなった気がする。」とのご感想で「不満(1/5)」とのことでした。

今回、顎先をまるみを持たせ、またより口が自然に閉じるように再手術を行いました。

上段:術前です。
中段:術後2カ月再診時です。
下段:術後1年再手術術後1週間です。
d0092965_327676.jpg

顎先が細すぎるというお悩みも改善し口輪筋の緊張も改善し順調な経過です。
またの御再診をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2011-04-15 23:20 | 美容外科
<< 他院小陰唇および陰核包皮術後修... 美容形成外科後遺症: 腹部ボデ... >>