小鼻肉厚減幅術、鼻孔縁挙上術、鼻翼基部プロテーゼ(ほうれい線プロテ)留置術 :メール相談へお返事
今日は1944年にいわゆる海軍乙事件(かいぐんおつじけん)にて連合艦隊司令長官 古賀峯一海軍大将が搭乗機の墜落により殉職された日になります。


本日御紹介の患者さんは約3年前に形成外科クリニックにて外側切除法の小鼻縮小をお受けになられた既往があります。
d0092965_2191284.jpg

その形成外科クリニックでお受けになられた小鼻外側切除のキズが気になられるとのことで今後加療してく予定です。


今回、他院の手術では希望どおりにはスッキリし得なかった小鼻の形態をしっかりとスッキリしたいとの御希望にて小鼻の外側を一切切る必要のない小鼻肉厚減幅術、鼻孔縁挙上術、鼻翼基部プロテーゼ(ほうれい線プロテーゼ)留置術の3つの手術にて形態の改善をはかるべく施術の御依頼をお引き受けしました。。


上段:術前です。
下段:術後3カ月再診時です。
d0092965_2173177.jpg

「ほうれい線なんですが元が相当へこんでいたためかまだほんの少し線が見える気がします。それ以外は本当に満足です。」との御感想で「満足(5/5)」と順調な経過です。

今後はキズの加療をしていきましょう。 またの再診をお待ちしております。


メールでの御相談の一例に公開返答させていただきます。


相談メール)
只今、パソコンのメール機能が使えない状況なので携帯電話からご相談させてください。申し訳ないのですが、ブログ内にてお返事いただければありがたいです。 ご迷惑をおかけしてしまって申し訳ありません。 今回メールさせていただいたのは、鼻の整形手術についてお聞きしたいことがあったからです。 1ヶ月程前に他人院で鼻の整形手術を受けました。 1ヶ月たった鼻が添付した画像の通りです。(ブログには載せないでください。。) 尾翼の基部が左右ずれて尾翼自体の大きさも左右バラバラになってしまいました。 受けた手術は鼻尖縮小・耳軟骨移植鼻柱基部 耳軟骨移植鼻翼縮小耳軟骨と側頭筋膜による隆鼻術です。全身麻酔でやり、しかも手術後に鼻翼の内側と鼻翼の上の軟部組織をくり抜きましたと言われました。(やることを承諾していません。) 鼻筋もまがっていました。 今の状況としては鼻の先がでこぼこでカチカチです。鼻翼も左右非対照ですし鼻筋もまがっています。横からみるとピノキオのようです。 経過待ちと言われ今はどうすることも出来ません。毎日辛いです言葉や文章に出来ません これを修正する場合修正は可能でしょうか。 またどのような手術になるでしょうか。 それと、やはり自家組織の鼻筋は数年後、変形したりするのでしょうか? 執刀していただいた先生には『馴染むからシリコンよりも皮膚などに負荷がかからなくて安全』と言っていました。 いくつも質問してしまってすみません。 よろしくお願いいたします。



まず ブログでの返信をお願いしますと御頼みになっておきながら「写真は載せないでください」とは勝手だと思います。 写真が非公開では他の方々には状況がよくわからずこのような御質問にこのブログでお返事するのは公益にならないと思います。

修正可能か否そしてどのような手術が適切かは実際に診察を行わないとわかりません。 私は視診のみならず触診も重視する医師です。

自家組織による隆鼻術の後年の変形のリスクは再三このブログで述べています。

美容外科医療は目先の金もうけのために医師が真実を述べない可能性が十分あります。
また特定の学会がやはり目先の利権や自己のプライドの満足のためになんらそれらの所持で施術結果に優劣が生じているという科学的エビデンスがまったくない資格で美容外科医に優劣をつけようとしています。 サイエンスを重んじるべき学術団体のお偉いさん達がサイエンスを無視した荒唐無稽な珍行動をおこしたり、珍発言をしたり、珍資格を創作してしまったり、患者としっかりと向き合うほんとうの美容外科経験があまりないのに経験があるふりをして前医をしたり顔で批判するのが美容外科業界の闇の部分でもあります。

それらのことをよく考え、誰が臨床の真実を述べているのか、誰が自分の希望している施術を適切に行えるのか死ぬほど自分の頭で考えて医師を選ぶしかないと思います。


以上。
[PR]
by shirayuribeauty | 2011-03-31 00:09 | 美容外科
<< 全身美的形成術  術後約3カ月 顔つきや笑顔を上品にするヒアル... >>