Vライン形成術(下顎骨スティック骨切り術+下顎骨外板外し)、顎先中抜き短縮術頬骨弓前後骨切り術
  政府は16日、東日本大地震の被災地で外国人に特例で医療行為を認め海外医療チームを受け入れることを決めたようですが私にはまだ出頭命令はありません。 一人では無力ですがチームの一員としてでしたら現地の医療の医療に微力ながらもお役に立てるかもしれないので私を有効利用してくださればと願います。 ただ即応予備自衛官の医師は呼び出しをされているので人員不足でしたら順次予備自にも連絡がくるかもしれません。 


一刻も早く被災地の方々に平安が訪れることを願います。

日本の復興の一助となれるよう日々職務を全うするべく精進します。


本日御紹介の患者さんは周りから顔が大きいのをうわらされたり指摘されるのイヤということで小顔化をご希望され頬骨弓前後骨切り術、Vライン形成術(下顎骨スティック骨切り術+下顎骨外板外し)、顎先中抜き短縮術をお受けになられた患者さんです。

上段:術前です。
下段:術後約6カ月再診時です。
d0092965_23501478.jpg

ご感想はご満足(5/5)と順調な経過です。
[PR]
by shirayuribeauty | 2011-03-17 23:43 | 美容外科
<< 乳頭縮小術(Lewis法) :... 目頭切開形成術、二重切開形成 ... >>