KMC麹町メディカルクリニックのお知らせ
今日は1970年(昭和45年)11月25日、三島由紀夫が陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地にて自衛隊の決起・クーデターを促す演説をした後割腹自殺した日になります。



KMC麹町メディカルクリニックのお知らせ


開院以来多くの患者さんにお越しいただき現場で患者さんに対するニーズにこたえるべく医療機器等を増設してきましたが手狭になり本院所在ビル3階に本年初めよりクリニックを開設しフロアを拡張し診療に臨まさせていただいておりました。  またクリニック運営を盤石とし確固として皆様に貢献できるように医療法人化し皆様を真に健康的に美しくする一助となれることを願って医療法人名を「健真美(けんしんび)」とさせていただきました。


さて 最近患者さんから「メニューの中に他院で保険がきく診療メニューがあるのですがしらゆりさんでは保険がきかないのですか?」と聞かれることが多くなりました。

調べてみると立ち耳修正等保険診療で行っている医療機関が存在するようでした。

皆の拠出金で賄われている健康保険をいわゆる疾病とは言いがたい外見上の問題に対し保険を適応して診療にあたるのは保険財政の危機がうたわれている昨今において不適な診療行為だと個人的には思いますが保険のシステムルール上 他院で保険適応が認められている疾患に対し医師個人の考えを押し通し自由診療で行うのは患者さんの負担軽減という視点からみればそれはそれで問題があると判断し3階のクリニックでは保険診療を導入することとしました。

「他院で保険適応なのに保険適応してくれないのはぼったくりなのではないのですか?」と聞かれることもありますが眼瞼下垂手術にしろ立ち耳修正にしろそれに該当する保険点数程度の金額しかしらゆりビューティークリニックは最初から戴いてきておりませんので保険導入の有無と医療機関の得る利益の問題とは当法人においては全くの別問題です。

3階のKMC麹町メディカルクリニックでは保険診療を導入していますがただしその病態が保険適応か否かは医師の診断が必要になりますので必ず保険適応となるわけではない旨を御理解ください。

しらゆりビューティークリニックは設立当初の「健康的に美しく」をモットーに女性の健康と美を追求していく総合美容クリニックとしてのより発展を、そして KMC麹町メディカルクリニックは老若男女の健康と美に社会保障の側面からも貢献していくクリニックとして各々の役割を社会で担っていきたいと思います。 

これからも医師およびスタッフ一同皆様のお役に立てるよう鋭意努力していきますのでよろしくお願い申し上げます。


麹町メディカルクリニック (平日10時~18時開院) (一部保険診療取扱)  
http://kmc-hp.com/indexお問い合わせメールアドレス  kojimachimedicalclinic@hotmail.co.jp

しらゆりビューティークリニック (自由診療のみ)
http://mm.visia.jp/shirayuri/index.php
[PR]
by shirayuribeauty | 2010-11-25 00:00 | その他
<< 小鼻縮小術 : 博士先生 鷲鼻(わし鼻)修正術、 鼻根縮... >>