右目下瞼脱脂:脇山先生(若先生)
今日は1945年 ポツダム宣言受諾の決定を日本国民に知らせる昭和天皇自身に肉声によるラジオ放送(いわゆる玉音放送ぎょくおんほうそう)が行われた日になります。

未明にこのポツダム宣言の受諾に反対する士官達によるクーデター未遂事件(宮城事件)が鎮圧された上での放送でした。

天皇が御前会議での聖断によってポツダム宣言の受諾を決定し中立国を通して連合国に通告したのが8月10日、ポツダム宣言受諾が確定し受諾の詔勅が発せられたのは8月14日、軍隊への停戦命令が出されたのは8月16日、日本政府が降伏文書に調印したのは9月2日、ソ連との戦闘終結は9月4日であり8月15日今日は玉音放送の放送日にすぎないといえばそれまでですが玉音放送はそれまで正式に放送されたことのない昭和天皇の肉声による放送であり日本人にとっては衝撃的な放送でした。今日8月15日はお盆にあたることから死者の魂を追憶し供養すべき日として日本人の意識のなかに根付いてきた以上、先の大戦にて鬼籍に入られた方々の弔いを本日行うことは意味があることだと思います。

先の大戦に際し、海外の戦場で戦没された方々は、軍人・軍属で約210万人それに戦火に巻き込まれて死亡した一般邦人約30万人で、合わせて約240万人と言われています。


本日ご紹介の患者さんは下瞼のふくらみ改善目的にて右目下瞼脱脂を脇山先生(若先生)の執刀にお受けになられた患者さんです。


上段:術前です。
下段:術後約1か月再診時です。
d0092965_1423577.jpg

御満足(5/5)と順調な経過です。



本日は患者様のご要望にお応えして一日中手術をしていました。
御英霊に感謝の捧げに靖国神社および千鳥が淵にうかがえなかったのが無念でした。



多忙を理由に怠学したり御英霊に対しての深謝を忘れたりすることなく日々研鑽をつみ日本社会に役に立っていきたいと思います。  

今日は無念 かつ 反省 
[PR]
by shirayuribeauty | 2010-08-15 23:06 | 美容外科
<< 乳頭縮小術傷痕修正・陥没乳頭修正術 乳頭縮小術後壊死に対する左乳頭再建術 >>