婦人科手術に対するご相談 および 膣縮小手術の意外なその後
今日は1923年 に関東大震災がおきた日になります。




先日メール相談をいただきましたがアドレスが携帯メールだったせいか返信しても戻ってきてしまいましたのでこちらで返信させていただきます。


相談したい診療項目 (the part you want to consult) : 美容外科手術 cosmetic surgery
ご相談・お問い合わせ (inquiry) : 他の病院で 小陰唇縮小の手術を受けて 3ヶ月ほど経ちます。 仕上がりが 左右の大きさが違いでこぼこしていて 片側はほとんど無い状態です。 ブログを拝見して 他の病院の修正などの記事を見ました。 ほとんど無くなってしまった片側の小陰唇は 修正な可能なんでしょうか。 左右対称にしていただき でこぼこも修正していただくには金額は いくらくらいかかるのでしょうか。 前の病院には また 同じような事がおきると怖いのでお願いしたくありません。



返信) ほとんど無くなってしまっても修正可能です。 小陰唇をつくることはできます。
     料金は小陰唇縮小形成術と同じです。
まずは前医にご相談するのが筋だとは思いますがどうしても行きづらいのであれば御遠慮なさらずご相談ください。




閑話休題



先日 膣縮小手術をお受けになられた患者さんが久し振りに再診にいらっしゃいました。
思えば膣縮小手術をお受けになられたからオリモノが気になるとのことで私は「キズには問題ないからどうしても不安だったら他に原因があるかもしれないから産婦人科を受診してください」とお伝えしていました。
患者さんからみれば同手術を受けた後産婦人科にいくのはかなりの心理的抵抗がおありだったのではないかと察しますが指示どおり産婦人科を受診してくださったとのことでした。
その結果 子宮癌 であったことが判明し手術となったとのことでした。 

再診までずいぶん御無沙汰だったのでどうしたものかとおもっておりました。「先生は命の恩人です。ありがとうございました。  先生のしてくださった手術のほうも効果はばっちりです。」とのことでお役にたてたことは幸いでした。

今まで美容外科の外来で御本人が自覚されていない甲状腺機能亢進症や糖尿病を発見したりしたことがあります。意外な病気が潜んでいることもありますから手術を受ける前そして後でも気になる症状は御遠慮なさらずご相談ください。プライマリケア医としてお役に立てれれば幸いです。
[PR]
by shirayuribeauty | 2010-09-01 21:03 | 美容外科
<< 鼻孔縁挙上術 乳頭縮小形成術  Lewis法... >>