ミニリフトおよび脂肪再配置術(FAMI法)
2004年 - 沖縄米軍のCH53D型大型輸送ヘリが沖縄国際大学(沖縄県宜野湾市)へ墜落した日になります。

米軍は日米地位協定を根拠に事故現場付近を封鎖し日本の警察による現場検証を拒否しました。

本日ご紹介の患者さんはミニリフトおよび脂肪再配置術(FAMI法)をお受けになられた患者さんです。


上段:施術前です。
下段:施術後約1か月再診時です。
d0092965_2227279.jpg

FAMI法の脂肪移植をもう少し量が多めがよかったとのことで御感想は「まあ満足(4/5)」とそれなりに順調な経過です。しかしその後半年以上再診にいらしておりません。 便りがないのはよい便りと信じたいですが定期的な検診は重要です。 またの御再診をお待ちしております。



本日 ゴールドマンクリニックの高橋先生に内視鏡ブローリフト手術および乳房手術を見学させていただきました。 
快く御指導御鞭撻をしてくださった高橋先生に深謝します。
[PR]
by shirayuribeauty | 2010-08-13 22:23 | 美容外科
<< 乳頭縮小術後壊死に対する左乳頭再建術 二重切開形成術、目頭切開形成術... >>