人中短縮術
今日は1945年ソ連が当時の満州国において対日参戦 してきた日になります。

また長崎市に午前11時2分原子爆弾ファットマンが投下された日になります。
長崎市の人口約24万人のうち約14万8千人が死傷しました。

敗北寸前の日本に対しての原子爆弾投下はほぼ戦略上無意味であり二発もの原子爆弾を無辜の老幼婦女子に落とした当時の米国はまさに鬼畜米国でした。


本日ご紹介の患者さんは鼻の下を短くしたいとのご希望にて人中短縮術をおうけになられた患者さんです。

上段:術前です。
中段:術後約1週間です。
下段:術後約1か月です。
d0092965_142394.jpg

術後一週間の時点で頬が黄色いのは同時に行った他の手術の内出血の結果によるものであり人中短縮術単独ではこのような内出血は生じません。
術後1ヵ月の再診以降半年以上再診にいらしておりません。

便りがないのは良い便りと信じたいですが定期的な検診は重要です。
またの御再診をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2010-08-09 00:58 | 美容外科
<< フラクショナルレーザー(全顔)... ふくらはぎスリム形成術(NIC... >>