小鼻縮小術(鼻翼縮小術): 脇山先生(若先生)
今日は大東亜戦争中の1945年 午前8時13分、米軍が長岡市左近町の畑に模擬原子爆弾を投下した日になります。

この模擬原子爆弾は同年8月9日に長崎に投下された原子爆弾とほぼ同じ型の物でした。 

米軍はこの日より8月14日にかけて日本の各地で模擬原子爆弾(使用予定の原子爆弾と同じサイズや重さ)を用いて実際の原爆投下に備えて投下練習を行っていました。

これらの事実が明らかになったの1991年のことです。

米軍は用意周到に準備を行い広島(8月6日)長崎(8月9日)に原爆を投下し総計30万人以上の一般市民を虐殺しました。


本日ご紹介の患者さんは小鼻縮小術(鼻翼縮小術)を脇山先生(若先生)の執刀にてお受けになられた患者さんです。

左:術前です。                        右:術後約3か月再診時です。
d0092965_29719.jpg

御満足と順調な経過です。
[PR]
by shirayuribeauty | 2010-07-20 21:32 | 美容外科
<< たれ目形成術 プチ鼻尖縮小術(注射法) >>