鼻尖縮小形成術、小鼻縮小形成術  : 脇山先生(若先生)
今日は東条内閣がマリアナ沖海戦と、それに伴うサイパンの陥落の敗北の責任を取る形で1944年に総辞職した日になります。


本日ご紹介の患者さんはスッと通った鼻先にしたいとのご希望にて鼻尖縮小形成術を、小鼻をできる限り狭くしたいとのご希望にて小鼻縮小形成術を脇山先生(若先生)執刀でお受けになられた患者さんです。

上段:術前です。
下段:術後約2週間再診時です。
d0092965_1404212.jpg

まあ御満足(4/5)と順調な経過です。

その後1か月以上再診にいらしておりません。 便りがないのはよい便りと信じたいですが定期的な健診は重要です。またの御再診をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2010-07-18 23:40 | 美容外科
<< プチ鼻尖縮小術(注射法) 額アパタイト形成術(最小切開法... >>