右眉下切開術  : 脇山先生 (若先生)
今日は1993年 に皇太子徳仁親王と小和田雅子氏が御結婚された日です。

本日ご紹介の患者さんは約5年前に大学病院にて右目の眼瞼下垂修正術をお受けになられるも左右差が気になられるとのことで脇山先生にご相談された患者さんです。

カウンセリングの結果、右目のまぶたのたるみを改善し左右差を改善する目的にて右眉下切開術:脇山先生(若先生)をお受けになられました。

上段:術前です。
下段:術後約1か月再診時です。
d0092965_0305357.jpg

「左右差は感じるがとても改善されて自信をもって他人の顔を見る事ができるようになった。手術をうけて良かったです。傷跡が早く薄くなってくれればもっと嬉しいです。」とのご感想にて「満足~まあ満足(4.5/5)」と順調な経過です。

キズ痕は最初の3か月は赤味が強くでます。その後だんだんと色は薄くなり約半年後で通常は白く落ち付きます。
もうしばらく様子をみてください。



先日脇山先生がお心遣いをいただきました。
d0092965_0412229.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2010-06-09 23:29 | 美容外科
<< 処女膜強靭症 : 処女膜切除術 前医小陰唇縮小術後修正 、陰核... >>