鼻尖縮小形成術(糸留法)、小鼻縮小術  : 博士先生
本日6月5日は
1934年 にあの日本海海戦でバルチック艦隊を破った東郷平八郎に対する国葬が執り行われた日になります。
そして
1942年 大東亜戦争時におけるミッドウェー海戦にて日本海軍の主力空母4隻が撃沈され日本海軍機動艦隊が壊滅状態にされた屈辱の日になります。
また
1943年4月18日、前線視察のため訪れていたブーゲンビル島上空でアメリカ陸軍航空隊P-38戦闘機に撃墜され戦死した山本五十六の国葬が執り行われた日にもなります。

有名な山本五十六の「男の修行」
「苦しいこともあるだろう 言いたいこともあるだろう 不満なこともあるだろう 腹の立つこともあるだろう 泣き度いこともあるだろう これらをじっとこらえてゆくのが 男の修行である」


本日ご紹介の患者さんは下からみて鼻の穴の形が丸から三角になることをご希望され鼻尖縮小形成術(糸留法)、小鼻縮小術  を博士先生執刀 にてお受けになられた患者さんです。

右:術前です。                     左:術後2週間再診時です。
d0092965_1545357.jpg

「下からみた穴の形が満足です。 糸留めのあとが気になります。」とのご感想で「まあ満足(4/5)」とのことでした。
その後3か月近くも再診にいらしておりません。 
便りがないのはよい便りと思いたいですが定期的な検診は重要です。またの御来院をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2010-06-05 01:36 | 美容外科
<< 下顎骨スティック骨切り術 人中短縮術術後約7か月 >>