脂肪移植豊胸術 : お問い合わせメールへのご返信
本日ご紹介の患者さんは脂肪移植豊胸術を一年に三回おうけになられた患者さんです。


上段:術前です。
下段:脂肪移植豊胸術三回目術後3か月再診時です。
d0092965_145017.jpg

「御満足(5/5)」と順調な経過です。
しかし私としては脂肪の定着率が患者さんがご期待してくださったものと私が期待していたものよりもいまひとつだったのが執刀医として歯がゆいです。
個人差なく、施術をお受けになられた皆さんに同じような結果がだせるようによりよい脂肪の定着を科学的にかつ安全に期待できる方法を今後とも研究していきます。

またの御来院をお待ちしております。


脂肪移植豊胸のリスクとしてしこりや石灰化がありますがそれらのリスクを可能な限り軽減するために細かく分注移植し一回の移植量は通常は片方200ccまでとしています。



追記: 術後3年再診時の記事を2012年10月7日にUPしています。

お問い合わせメールへのご返信

初めてメールさせて頂きます。私は2年前から御社のキャンセル待ちをしております。半年くらいに1回は確認しますが、常にキャンセル待ちを申されます。 ですがその間にもネット上では新規予約がその日のうちにとれたなど、すぐ手術してもらったなどの書き込みを見る度にキャンセル待ちを2年も待ってる自分が悲しくなります。私には何も連絡無く、ですがキャンセル予約は2年前に入れてあるため、お忙しい御社に何度も問い合わせるのは申し訳ないと、自分を抑えて来ました。ですがその間にも新規予約の書き込みがたくさんありました。 3年前、他院で輪郭を受けてから顎、首のたるみに悩み、何件も修正やフェイスリフトを受けましたが、全く改善せず1000万近く回り道しています。 先生の症例はそう言った方の手術もどれもぴったり上がっていて、綺麗で、私なんかより皆さん綺麗な人がより一層綺麗になっていて、他院の美容外科と違って、誇大広告や嘘が無く、早く先生にお会いしていれば私はきっと1000万も無駄にすることはなかったし、3年間も人の目を忍んで生きることはなかったと思います。 いつでも何時でも予約に対応できるよう、そう言う仕事を3年間選んで待って来ました。ですが今年末には何年も避けてきた人々に会うしかありません。たくさんの人々に今の顔で久しぶりに会う気持ちにはどうしてもなれません。追いつめられています。 最後のチャンスにどうか先生に私の顔を助けてもらいたいのです。今年いっぱい時間も日時も絶対に合わせます。予約をさせてください。私を無意味な修正地獄から救ってください。先生しかいません。どうかお願いします。

お問い合わせにお返事させていただきます。
まず 当院のHPの御説明不足を深くお詫び申し上げます。
当院では現在キャンセル待ちは毎月更新しております。 以前は登録順にお電話を差し上げていましたが、登録人数が膨大になりすぎてしまった点と、お電話を差し上げても「もう他院で済ましました」とお返事くださる方が多くスタッフの業務量としても負担が大きくなったため毎月更新制でキャンセル待ちをご登録いただいております。
半年以上キャンセル待ちされた方々、すなわち毎月のキャンセル待ち登録が6回以上の方々は優先的にご予約をお取りしています。
カウンセリングのご希望がお強ければキャンセル待ち登録を毎月継続更新をお願いします。
2年もお待ちでしたらクリニックに電話して受付の者に事情を話し、予約をとってもらうようにしてください。
キャンセル待ち登録はPC上に記録として残っているはずです。

二点目の修正可能か否かが私しかいないかどうかですがそれはかいかぶりすぎのような気がします。
私は無名な一美容外科医です。 世の中は広いですからもっと貴殿に適切な名医がいるかもしれません。
御依頼されれば私は全力を尽くしますが無名な一美容外科医に過度の期待を抱かず、御自身の希望にかなう仕上がりを提供できる医師がいるか否かは地道に探してください。 
[PR]
by shirayuribeauty | 2010-06-01 22:54 | 美容外科
<< 乳頭縮小術  脇山先生(若先生) 立ち耳修正術(脇山先生:若先生) >>