人中短縮術術後8か月   & お鼻の相談メールに対する返信
今日は1924年にアメリカ合衆国でいわゆる排日条項を含む移民法が成立した日になります。
施行日は同年7月1日になります。

この排日移民法の成立に対し同年の大正13年5月31日 アメリカ大使館に隣接する空き地で割腹自殺を遂げた無名の青年がいました。

「生きて永く貴国人に怨みを含むより、死して貴国より伝えられたる博愛の教義を研究し、聖基督の批判を仰ぎ、併せて聖基督により、貴国人民の反省を求め…」
と遺書を残し、アメリカに抗議しての行動でした。

しかし、氏素性が判明するものを何も持たなかったために、無縁仏として「無名烈士」として赤坂の圓通寺に葬られる予定でしたが6月7日、貴族院や衆議院の議員や民間の有志ら370余名を発起人として、両国の国技館において対米問題国民大会が開催され、その大会にて無名烈士の国民弔祭会の執行が決議されました。翌日の6月8日無名烈士国民弔祭会が斎行され当日の参列者は3万人とも言われています。葬儀の後、無名烈士のご遺体は、現在の青山霊園に埋葬されました。

当時の世論、特に新聞社は「国辱」と強く反応し、キャンペーンが繰り広げられる一方、日米開戦説が叫ばれました。

この17年後の1941年に日本は米国を相手に大東亜戦争を戦う決意をすることになります。




本日ご紹介の患者さんは人中短縮術をご希望された患者さんです。

上段:術前です。
下段:術後約8か月再診時です。
d0092965_0265984.jpg

(写真をクリックすると拡大します)
アフターケアでフラクショナルレーザーを2回ほど行っています。キズも目立たず順調な経過です。







先日お鼻の相談メールをいただきましたが返信先メールアドレスが●●●●@docomo.ne.jp と携帯メールアドレスだったためか返信してももどってきてしまいましたのでここでご返信させていただきます。

ご相談・お問い合わせ (inquiry) : いきなりメールすいません。先ほどお電話でカウンセリング予約をしました●●●●●と申します。 私は他院で鼻中隔延長の手術をして、その修正をしてもらいたくお電話させてもらいました。 私は●●の大学生です。昔から鼻にコンプレックスを持っていて「いつか整形して綺麗なりたい」と思い、その手術費用を稼ぐためにたくさんアルバイトをしてきました。手術をして、仕上がりを見たときは鼻の出来上がりの不自然さにびっくりして「これは現実ではない。起きたら元の鼻に戻ってるんだ」とショックのあまり非現実的なことばかり考えていました。やり治したいとすぐに思いましたが親に「その時の感情だけでまた手術しても絶対失敗するだけだ」と言われ少し冷静になれました。 しかし学校が始まり不自然さのあまりに学校の子からは「整形失敗」と言われるようになり今まで仲良くしていた子達もみんな離れていきました。学校に行くのが辛くなり、「外に出たくない、人と会いたくない」と思い学校も辞めることも考えましたが、「このまま学校辞めて引きこもったとしても何も自分にはプラスにならない。頑張ったらいつかは良いことが起こるだろう」とプラスに考えた末、今でも学校は休まず通っています。親に整形することでも悲しみを与えたのにこれ以上悲しみを与えてはいけないと思ったのが一番の理由なんですけどね。 でもやはり学校に行くこと、外に出ることはとても辛いです。こんなつもりで整形したつもりじゃなかったのに…整形=綺麗になる=人生がバラ色に変わると良い面でしか考えていなかった自分にとても後悔してます。手術をしてもらった先生にも「不自然」と言うことを伝えましたがそれに対して「じゃあもう一度手術をすればいい」と他の手術内容を進められ他人事に言われて終わりました。とても悔しく、恨んでいます。しかし過ぎてしまったことをくよくよ思っていても何も変わらずむしろマイナスなだけだと思い、なるべくプラスに考えようと日々努力はしています。 そんなとき、「しらゆりビューティークリニック」のホームページを見つけ、先生のカウンセリングをぜひ受けたいと思いました。予約がいっぱいみたいなのでキャンセル待ちをしています。8月から学校の夏休みが始まるので、8月に再手術をしたいと考えています。6月中にとは言わないので7月にはカウンセリングに寄せてもらいたいです。 内容が私情ばかりになってしまいすいません。でもこんなこと誰にも話せなくて…。整形で人生が良にも悪にもなるとわかりました。綺麗になりたいとは思いますがバラ色の人生なんて望んでいません。ただまた整形する前みたいにおもいっきり笑いたいし、色々なことにも挑戦したり、色々な場所にも出かけたいです。 どうか良いお返事がくること願っています。お忙しい中ありがとうございました。長々とすいませんでした。


ご相談内容を拝見しました。 いろいろと大変な状況を改善したいお気持ちはわかります。
目、鼻、骨切り輪郭手術に関する初診の方の手術のご予約は皆様平等に機会を提示させていただいております。
お役に立てるか否かはわかりませんがまずはカウンセリングにてお話をおうかがいし、診察をおこなわさせてください。お待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2010-05-26 12:45 | 美容外科
<< 乳頭縮小術(ITO法) 術後4か月 他院目頭切開術後修正、目尻形成... >>