埋没式眼瞼下垂修正術 (切らない眼瞼下垂修正術) :脇山先生(若先生)
本日御紹介の患者さんは埋没式眼瞼下垂修正術 (切らない眼瞼下垂修正術) :脇山先生(若先生)をお受けになられた患者さんです。


上段:術前です。
下段:術後約9日再診時です。
d0092965_21341723.jpg

埋没式眼瞼下垂修正術 (切らない眼瞼下垂修正術)は目の裏から糸を通し表にはキズができないため腫れも少なく良い方法です。
欠点は切開式眼瞼下垂修正術と異なり、皮を切り取ることができないため二重幅が狭くなってしまう可能性があることです。

本症例患者さんも目の二重幅が狭くなったことが気になるとのことで後日二重形成手術をお受けになられました。

先日脇山先生がお心遣いをいただきました。
d0092965_21453814.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2010-04-25 21:31 | 美容外科
<< 乳頭縮小術、 モントゴメリー腺... 頬骨再構築法(術後約半年) >>