頬骨再構築法
今日は1945年 硫黄島にて最後まで米軍に抗戦していた栗林忠道配下の部隊が玉砕した日になります。同日米軍が沖縄の座間味島に上陸をしました。 よって今日は硫黄島玉砕の日であり米軍による沖縄に対する鉄の暴風雨攻撃の始まりの日になります。
沖縄戦では日本側の死者・行方不明者は18万8136人で、沖縄県出身者12万2228人のうち9万4000人が民間人とされています。
当時の沖縄県の人口は約45万人と推計されており、少なくとも人口の3人に1人が死亡したことになります。
アメリカ軍は艦艇数1500、兵員54万8000人(うち上陸部隊18万人)の沖縄攻略部隊を組織し沖縄の侵略にむかってきました。
沖縄は戦後アメリカの支配下におかれ日本に返還されるのは1972年5月15日まで待たなければなりませんでした。



本日ご紹介の患者さんは頬骨が出ているのを改善したいとのご希望にて頬骨再構築法をお受けになられた患者さんです。

上段:術前です。
下段:術後約3か月再診時です。
d0092965_23114469.jpg


御感想は「あまり変化がみられない。 もっと小顔になりたい」とのことですが術後3か月の時点でみてもしっかり効果はでてきていると執刀医としては思います。 これ以上頬骨がなくなることは頬骨部分が凹んでみえて不適切だと考えます。

最終完成は術後約半年ですが術後3か月検診以降半年以上再診にいらしておりません。
便りがないのはよい便りと判断したいですが定期的な健診は重要です。
またの御来院をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2010-03-26 23:11 | 美容外科
<< 自家組織涙袋形成術、眼瞼下垂修... ミラクルリフト術後2か月 >>