ミッドフェイスリフト(エンドタインST)、SMASフェイスリフト、NIMR(ラジオ波による咬筋退縮術)

フェイスリフトの手術は手術手技が多様であり術者の数だけ手術法があるとも言われる手術ですが基本は顔面の皮膚のたるみを改善する手術ということになります。

ポイントは皮を切って引き上げるだけではなくSMAS(superficial muscle-aponeurotic system)(略してスマスと呼ばれます)という顔面真皮の下にある筋繊維のネットワークをしっかり引き上げる、または骨膜下を剥離し引き上げ、また顔面各所の靭帯を処理して持続的な手術効果を維持することにあります。

よくカウンセリングで「○○という美容外科で大金を払って手術をうけたのにキズだけのこってほとんど効果がなかった」等患者さんがお話されるのを聞きますが、執刀医がどのような手術をするのか、そしてその結果はどうなのかよくお話を聞き症例写真を何枚も見せていただくのがよいと思います。  御自身の希望の結果をその医師が平均的にだしているのかだしていないのかは事前の勉強として非常に重要だと思います。



本日ご紹介の患者さんは口の脇のたるみ、頬の高さがないこと、夜間の無意識の歯ぎしりの改善目的にSMASフェイスリフト、ミッドフェイスリフト(エンドタインST)、NIMR(non incisional masseter reduction)ラジオ波による咬筋退縮術)、ほうれい線アパタイトをお受けになられた患者さんです。


上段:術前です。
下段:術後1か月再診時です。
d0092965_0422228.jpg

d0092965_050031.jpg


フェイスリフトはSMAS処理、リガメント処理を行っています。
ミッドフェイスリフトは骨膜下で行っています。
ミッドフェイスのOgee curve:オジーカーブ(いわゆるS line:若々しさの象徴の頬の膨らみ)もしっかりでました。

もともと右目に三白眼がおありだったのですがミッドフェイスリフトで改善しました。
NIMRは咬筋を小さくしてお顔を小さくするのを期待して主に行いますがこの方は術前より下顎はどちらかというと小さめでありエラの張りを抑える目的ではなく、歯科治療(かみ合わせ調整やナイトガード等)にて改善をみなかった夜間の無自覚の噛みしめ改善のために行いました。 現在のところ効果はしっかりでて夜間のはぎしりはなくなったとのことです。

SMASやリガメント処理をしっかりおこない口元横のたるみまで改善しようとすると口元横にえくぼ様のものがでることがあります。 時間を経ても気になるようでしたら改善するべく施術を行います。
またの御来院をお待ちしております。


先日お心遣いをいただきました。
d0092965_057375.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2010-03-04 22:54 | 美容外科
<< 立ち耳修正術(クローズ法)(脇... 鼻尖縮小、小鼻縮小(脇山先生(... >>