鼻中隔延長術、鼻尖縮小術、鼻プロテーゼ、小鼻縮小術
今日は今から102年前の1908年 に米国への日本人移民に関する日米紳士協約が締結された日です。その24年後の1932年 に日本が満洲国独立を宣言した日でもあります。

102 years ago from today, the Gentleman's Agreement of 1908 was signed between the United States and the Empire of Japan. In this agreement the U.S. promised fair treatment of Japanese immigrants. 24 years later, on the same day in 1932, Japan declared the establishment of Manchukuo.


1893年、サンフランシスコの市教育委員会は市内の公立学校は日本人生徒の入学を拒否するべきという決議をしました。この決議は当時の日本領事珍田捨巳らの運動によってなんとか取り消されましたが、日本人排斥の動きはその後も活発になっていきました。
In 1893, the San Francisco City Board of Education issued a resolution that the public school should refuse the admission of Japanese students. This resolution was revoked later with by lobbyist Sutemi Chinda.

1901年、カリフォルニア州とネバダ州の州議会が「日系移民を制限せよ」との建議書を中央議会に送りました。1905年にはサンフランシスコに「日韓人排斥協会(The Japanese and Korean Exclusion League)」が組織され(のち「アジア人排斥協会(The Asiatic Exclusion League)」に改名)、日系移民に注がれる視線はいよいよ厳しさを増していきました。
1906年、またしてもサンフランシスコ学務局で日本人生徒を公立小学校から隔離し、中国人学校に編入させるという決定がなされました。
The California and Nevada State Legislatures sent to the U.S. Congress the remonstrance that restricted the number of immigrants from Japan. In 1905, the Japanese and Korean Exclusion League (which was later altered to the Asiatic Exclusion League) was organized in San Francisco, the circumstances against
Japanese immigrants increased severely. In 1906, all Japanese students in public schools of San Francisco were forced to be isolated or transferred into Chinese schools.

1907年3月、ルーズベルトは大統領令(Executive Order)を発布、ハワイ・メキシコ・カナダからの日本人の転航移民を禁止するとしました。この大統領令の背後にはサンフランシスコの学童隔離問題は結局のところ排日世論が形をとったものであり、移民制限をするしか解決策がない、と米国政府が考えていた事によるとされています。
Additionally In March 1907, US President Theodore D. Roosevelt issued the Excutive Order to prohibit the Japanese immigration from Hawaii, Mexico and Canada. It was accounted for by increasing antagonism against Japanese in the U.S.A. To reflect the mood in the country, the U.S. government figured out such a way to get around it.


アメリカにおける日本人移民排斥の動きが日本の体面を傷つけることを恐れた日本政府は1908年、日米紳士協約(Gentleman’s Agreement)なる取り決めを米政府と結ぶこととなります。
Japan was afraid the anti-Japanese movement in the US could damage Japanese dignity, thus the Gentleman's Agreement was signed.

一般の観光旅行者や学生など以外の日本人にアメリカ行き旅券を発行しない、すなわち日本人労働者にパスポート発行を停止するという協約でした。

この協約と引き換えによりルーズベルトは日本人児童隔離命令を撤回させます。
Instead of suspending the issuing of visas for the Japanese, the U.S. government retracted the Executive Order to isolate Japanese students.
Franklin Delano Roosevelt has them withdraw the Japanese child isolation order in exchange for this agreement.

しかしその後も1913年カリフォルニア州ではいわゆる外国人土地法が成立し日本人移民は土地所有が禁止され1924年5月26日にはいわゆる排日移民法が米国連邦議会で審議され成立しました。その5日後の5月31日、赤坂のアメリカ大使館脇で、ある日本人が抗議の割腹自決をしています
However, the antagonism against the Japanese accelerated.
Then, California Alien Land Law of 1913, the Immigration Act of 1924 (including Asian Exclusion Act) was enforced in California.

As a sign of protest, a Japanese person committed suicide near the American Embassy in Akasaka,Tokyo 5 days
after the adaption of the Immigration Act of 1924.


アメリカが連邦レベルで移民・帰化関連法規を改正し、人種的制限を撤廃するのは大東亜戦争終結7年後の1952年、カリフォルニア州で人種による土地所有・賃借の制限が消滅するのは大東亜戦争終結12年後の1957年のことでした。
7 years after the end of Greater East Asia War, the United States revised the Immigration Act of 1924, and the
Immigration and Nationality Act of 1952 was established. The National Origin Quota of 1924 was finally eliminated at this time.

An additional 5 years later In California, the California Alien Land Law was abolished. This was the comprehensive extinction of discriminative law against the Japanese.


1919年2月13日国際連盟規約委員会にて当時常任理事国であった日本が提案した
人種あるいは国籍如何(いかん)により法律上あるいは事実上何ら差別を設けざることを約す と言う条項、いわゆる「人種差別撤廃条項」が採択されていたら歴史は大きく変わっていたかもしれません。

ペリーの開国要求から始まり尊厳を踏みにじられ続けて当時の多くの日本人の深層心理が「対米決戦やむなし」と思っていたと思われます。それが大東亜戦争開戦の判断をさせた一遠因になっていたことでしょう。


本日ご紹介の患者さんは鼻中隔延長術、鼻尖縮小術、鼻プロテーゼ、小鼻縮小術をお受けになられた患者さんです。

上段:術前です。
下段:術後約1か月再診時です。
d0092965_157820.jpg

形はほぼ理想通りでまあ満足(4/5)だけど鼻の中の膨らみがやや気になるとの御感想でした。

鼻中隔延長術のリスク
1.鼻先がゆがむ可能性
2.鼻中隔軟骨に移植した軟骨の体積にて鼻腔が狭くなり下からみると鼻中隔が膨らんでみえたり呼吸がしずらくなる可能性(他院で手術されてこの症状でお悩みの方々が何人も相談にこられています。)
3.時間を経てから鼻先の皮膚が薄くなる可能性(鼻先の皮膚の下が軟骨だからといってプロテーゼと異なり安全という保証はないと思います。)
4.採軟骨部(耳や肋骨部)の傷。 某医療材料を用いるとこの傷はできなくて済むが今度はその医療材料の安全性の確かさに対する問題が生じます。
5.鼻先が下がりすぎ、高くなりすぎという不満が生じる可能性または下がり足りないという不満が生じる可能性。
6.限界まで鼻先を下げて欲しいとの患者さんの希望に対してオープン法でそれに応えるべく手術を行うと創部の血流不良にて癒合不全、感染が生じる可能性。


先日脇山先生がお心遣いをいただきました。
d0092965_1594258.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2010-02-18 00:51 | 美容外科
<< NICR : Non Inci... 乳頭縮小形成術(ITO法)  ... >>