頬骨再構築、ミニリフト、頬脂肪移植、他院エラ骨骨削り術後修正術、顎下脂肪吸引
本日2月4日は1944年マーシャル諸島クエゼリン環礁守備隊(クエゼリン島)が玉砕した日になります。


本日ご紹介の患者さんは既往として他院にてエラ骨削り術をお受けになられたことがあり、お悩みとしては頬の出っ張り、お顔のたるみ、頬のコケを治したい、削られたエラの部分のくぼみを改善したいとのご希望にて頬骨再構築、ミニリフト、頬脂肪移植、他院エラ骨骨削り術後修正術をお受けになられました。

半年後に顎下脂肪吸引を行い同時に二度目の他院エラ骨骨削り術後修正術を行いました。


上段:術前です。
下段:頬骨再構築法、ミニリフト術後8か月、顎下脂肪吸引、頬脂肪移植術後約2か月再診時です。
d0092965_20541418.jpg

d0092965_2105177.jpg

御満足(5/5)と順調な経過です。 またの御再診をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2010-02-04 20:54 | 美容外科
<< 人工乳腺豊胸術(脇山先生(若先生)) 二重切開形成術(脇山先生(若先生)) >>