頬骨再構築法、頬、顎下脂肪吸引、    他院小鼻縮小(ループ法)傷痕修正(フラクショナルレーザー)
本日ご紹介の患者さんは一年前に頬骨の張りを抑える目的で頬骨再構築法をお顔を顎下をすっきりさせる目的で頬、顎下脂肪吸引をお受けになられた患者さんです。

上段:術前です。
下段:術後約1年再診時です。
d0092965_134679.jpg

御満足(5/5)と順調な経過です。 



小鼻縮小を他院にてループ法(糸で左右の小鼻を締める方法)でお受けになられた患者さんがループ法の傷痕が気になるとのご相談をおうけしました。手術をお受けになられたクリニックでのアフターケアをお勧めしましたが当院での加療をご希望されたためキズ痕修正を行うこととしました。

左:当院施術前です。           右:初回治療後2か月後再診時です。  
d0092965_13571.jpg

たった1回のフラクショナルレーザーを用いたキズ痕修正術でかなりの改善がみられ御満足(5/5)とのことで順調な経過です。

通常はフラクショナルレーザーを用いた治療は約6~10回が治療効果を実感できる一つの目安です。
1回で御満足いただける結果がでたのはラッキーです。


先日お心遣いをいただきました。
d0092965_174970.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2009-12-20 00:04 | 美容外科
<< 乳房吊り上げ術:Mckisso... 人工乳腺豊胸術 (脇山先生(若... >>