小陰唇 策状異物切除術
本日ご紹介の患者さんは幼少頃より気になる外性器の索状物切除をご希望されて御来院されました。

診察を行うと右小陰唇に約3cmの策状物が、左小陰唇に約1cmの策状物を認めました。

恐らく患者さんがまだ胎児の頃にお母さんのお腹の中での発生分化過程で生じた部分的な異常ですが別に病気ではないので放置しても特に生活上問題ない旨をお話しましたが 気になるので取りたいとのご希望にて切除術を行うこととしました。


右:術前です。                 左:術後約2週間再診時です。
(写真はエキサイトブログの規約に抵触する可能性があるためリンク先で表示しております。
外性器の写真に不快感を感じる方は閲覧しないでください。)
すっきりして御満足ということで順調な経過です。

その後半年以上再診にいらしておりません。便りがないのはよい便りと信じたいですが定期的な検診は重要です。

またの御来院をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2009-12-06 23:50 | 美容外科
<< 鼻プロテーゼ(脇山先生(若先生)) 鼻中隔延長術、鼻尖縮小術、鼻柱... >>