額アパタイト形成術、頬骨削り口内法、ミッドフェイスリフト
本日ご紹介の患者さんは
・額に丸みをもたせたい。
・ミッドフェイスのタルミを軽減させて若返りたい
とのご希望にてカウンセリングの結果、額アパタイト形成術、頬骨削り口内法、ミッドフェイスリフトをお受けになられることになりました。 頬は前側面の張りが気になるとのことでしたのでミッドフェイスリフトを行うと頬の前側面の張りがより強調されるためその軽減目的に頬骨削り口内法を併用しました。


上段:術前です。
下段:術後約1か月再診時です。
d0092965_2393349.jpg

御感想は「まあ満足(4/5)」とのことで額も丸くなりミッドフェイスも持ち上がり順調な経過です。
頬骨削りの効果は術後一か月の腫れのあるこの時点では外観上はわかりません。
その後半年以上も再診にいらしておりません。 便りがないのはよい便りといいますが定期的な検診は重要です。 またの再診をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2009-12-04 23:14 | 美容外科
<< 鼻中隔延長術、鼻尖縮小術、鼻柱... コーカソイド様目元形成術:眉骨... >>