乳頭縮小術(ITO法)
今日は1943年に日本がアジア諸国の国政最高責任者を招請して大東亜会議が東京で開催された初日になります。この会議は、史上初めて各異国の有色人種のみが一堂に会して行われた会議でした。
そこでは、大東亜共栄圏の綱領ともいうべき大東亜宣言が採択されました。


November 5th 1943, 66 years ago from today, was the first day of the Greater East Asia Conference hosted by Japan.
The conference was held in Tokyo. It was an international summit where head of state members from the East Asian nations, who were also minorities, gathered for the first time.
The conference organized and addressed the Great East Asia declaration, emphasizing the ideology and ideals of the Pan-Asianism Co-Prosperity Sphere and anti western colonialism.

大東亜宣言  

前文

抑々世界各国が各其の所を得、相倚り相扶けて萬邦共栄の楽を偕にするは世界平和確立の根本要義なり

然るに米英は自国の繁栄の為には他国家他民族を抑圧し特に大東亜に対しては飽くなき侵略搾取を行ひ大東亜隷属化の野望を逞うし遂には大東亜の安定を根底より覆さんとせり、大東亜戦争の原因茲に存す

大東亜各国は相提携して大東亜戦争を完遂し大東亜を英米の桎梏より解放して其の自存自衛を全うし左の綱領に基づき大東亜に建設し以て世界平和の確立に寄与せんことを期す

本文

一、大東亜各国は協同して大東亜の安定を確保し道義に基く共存共栄の秩序を建設す

二、大東亜各国は相互に自主独立を尊重し互助敦睦の実を挙げ大東亜の親和を確立す

三、大東亜各国は相互に其の伝統を尊重し各民族の創造性を伸暢し大東亜文化を昂揚す

四、大東亜各国は互恵の下緊密に提携し其の経済発展を図り大東亜の繁栄を増進す

五、大東亜各国は萬邦との交誼を篤うし人種差別を撤廃し普く文化を交流し進んで資源を開放し以て世界の進運に貢献す


上記の精神は現在のAPEC(アジア太平洋経済協力) に引き継がれていることを平成5年になされた「アジア・太平洋経済協力貿易・投資枠組み宣言」の中に見ることができます。


本日ご紹介の患者さんは乳頭縮小術(ITO法)をお受けになられた患者さんです。

私が主に行う乳頭縮小術の手術法を列挙すると
1.楔<セツ(ケツ):くさび>状切除法:上部を楔<セツ(ケツ):くさび>状に切り取り縫合する手術になります。長所は壊死等のリスクはほぼない点ですが短所は乳管が閉じてしまうことです。(授乳時にまた来院していただければ通管させることは可能です)
2.Lewis法: 基部をドーナツ状に切り取り上部をケーキカット状に部分切除しサイズダウンをする方法です。 長所は乳管が温存される事です。 短所は基部が細くなる分壊死のリスクが起こりえる点です。 
3.ITO法: オリジナルの方法です。 長所は自由に形態調整ができかつ乳管が温存され陥没乳頭も同時に治療できる点 短所は上記2法と比較しガーゼ交換に頻回に来院していただかないといけない点です。

上段:術前です
下段:術後約2か月再診時です
d0092965_036197.jpg

きれいになられ順調な経過です。 御感想はまあ満足(4/5)ということでした。 その後5か月以上再診にいらしておりません。便りがないのは良い便りと信じます。

先日お心遣いをいただきました。
d0092965_118298.jpg
d0092965_1184149.jpg

 スタッフさんたちにも とたくさんいただき非常に恐縮です。
ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。
[PR]
by shirayuribeauty | 2009-11-05 00:36 | 美容外科
<< 二重切開形成(皮膚切除、脂肪摘... NICR:Non Incisi... >>