鼻尖縮小術、鼻中隔延長術
本日ご紹介の患者さんは鼻尖縮小術、鼻中隔延長術をお受けになられた患者さんです。

この患者さんをご紹介してくださった先生にも手術結果を御報告がてら術前術後を供覧します。

上段:術前です。
下段:術後約1か月再診時です。
d0092965_2231860.jpg

「一週間後の抜糸時にはギプスを外した直後に鏡を見たときは(鼻先が)下がりすぎでヤバイと思ったけどこの一か月で見慣れてちょうどいいと思えるようになった」とのことでした。
順調な経過です。


先日お心遣いをいただきました。
d0092965_041182.jpg

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。


先日患者さんからいただいたメールにこの場を借りて御返信させていただきます。
まず御返信が遅くなったことをお詫び申し上げます。

しらゆりビューティークリニック様


お世話になっております。
脂肪注入+脂肪吸引でお世話になりました
●●です。

今回も、色々とお世話になりました。

3回目の注入(左胸が少し凹んでいる点改善?)も
経過を見ながら、予約を取らせて頂きたいと思います。

2度目と言えど、緊張しましたが、傷もキレイですし、
術後も楽でした。

日本に帰るのは、楽な事では有りませんが、母国、日本で、
院長先生の手術を受けられる事を、本当に有り難く思います。

まだ、治療は完了しておりませんが、
今後も、よろしくお願いします。


●●

追伸>
本日の日記ですが、ちょうど、帰国直前に、
北方領土と竹島の話をアメリカの英語学校
(生活に困るので、最近通っております)で地図を用いて
授業で説明しました。
自分の出身国について、地図を見ながら説明して、と言われたので
私は、上記について説明しました。
英語の先生は、
そんな常識はずれなことが、日本にも起こっていることに
驚かれました。

そんな問題を日本が抱えていることすら知られてない
ことが、私には残念でした。


はい。 残念です。 米国ではまず日本がどこにあるのかも知らない人がたくさんいます。
中国の一部だと思っている人もたくさんいます。 世界地図で日本がどこにあるのか指差してもらうと思わず悲しくなります。
当然 拉致問題も北方領土問題も竹島問題も知りません。
本来ならばこのブログで英語で繰り返し記載し世界にinformしたいのですが至らずできておりません。

ハワイのパールハーバーのアリゾナ記念館近くのビジターセンターで見せしめのごとく展示されていた真珠湾に浮かぶ無残な日本兵の遺体の写真を目前とし激怒の炎に包まれセンターに抗議の英文を書く決意したにも関わらず10年近くの月日がたってしまいました。

英語で主張すべきことをできずこのようにただ自己のブログで日本語で吼えているだけのことは恥ずべきことです。腑甲斐無い自分を恥じます。
できるべき努力を私もしようと思います。 メールありがとうございました。
またのご帰国をお待ちしております。
[PR]
by shirayuribeauty | 2009-10-15 00:36 | 美容外科
<< 二の腕脂肪排泄促進注射(脂肪溶... 乳頭縮小術(若先生) >>